鍼灸師について

婦人鍼灸とは

女性特有の婦人科疾患。

デリケートな悩みだったり、未病に近い状態だから病院で診てもらうにはちょっと気が引けたりすることも少なくありません。
そんな婦人科疾患に対して、実は鍼灸治療が効果のあることをご存じでしょうか?

日本医学柔整鍼灸専門学校の付属である「敬心鍼灸院」では、美容鍼灸や一般鍼灸のほかに、婦人鍼灸の治療もおこなっています。
施術する鍼灸師は全員が本校鍼灸学科の専任講師であり、その施術はとても安心です。

では、実際にどのような婦人鍼灸の治療をおこなっているのかご紹介します。

婦人鍼灸とは

《女性特有の疾患:婦人科治療》

1、生理痛

個人差はありますが、人によっては学校や仕事に行くこともできず寝込んでしまうこともあります。またお薬を常用してなんとか日常生活を送っている方もいます。
鍼灸を生活の一部に取り入れることで、お薬に頼ることなく安心して日常生活を安全に過ごせるようになります。

2、更年期障害

更年期とは、閉経前後の10年で、40代~60代が多いです。
個人によっては女性だけでなく、男性にも更年期障害の症状があらわれることもあります。

《更年期障害のおもな症状》

  • ①顔が火照る
  • ②汗をかきやすい
  • ③腰や手足が冷えやすい
  • ④息切れがする
  • ⑤動機がする
  • ⑥寝つきが悪い・眠りが浅い
  • ⑦イライラする
  • ⑧落ち込みやすく憂欝な気持ちになる
  • ⑨めまいがする
  • ⑩吐き気がする
  • ⑪疲れやすい
  • ⑫手足の痛みがある

これらの症状は自律神経の乱れによって起こることが多いため、鍼灸治療で副交感神経を活性化させると最適です。効果があらわれるまでに少し時間はかかりますが、リラックスしながらその方の体調に合わせた治療ができるため、ホルモン補充療法を避けたい方にはおすすめです。

3、不妊

不妊の原因は女性だけではなく男性にも原因があります。
婦人鍼灸では、妊娠しやすい体作りのお手伝いをします。不妊治療の効果は、妊娠率を15%底上げすると言われています。

《不妊治療のおもな治療》

  • ①体の冷えの解消
  • ②胃腸障害の改善
  • ③免疫力のアップ
  • ④生理痛の緩和

《不妊治療の流れ》

不妊治療では、経絡治療によって施術していきます。
まず、生活習慣・体質・西洋医学によるアプローチなどについてじっくりとお話をお伺いします。そのあとで、脈やお腹を診させていただき東洋医学での診断をおこない、その方に合った鍼灸による施術をおこなっていきます。
目標は気血の流れを良くして、温かくてふかふかの子宮と妊娠しやすい卵子の身体作りをしていきます。また着床日に合わせた治療日も提案させていただきます。
施術は、おもに刺さない鍼や温かくて気持ちのいいお灸を使用しますので、鍼灸がはじめての方でも安心してリラックスしながら不妊治療がうけられます。

4、つわり

妊娠された方でも、つわりが始まっても安定期に入るまで、なかなかその苦しさを周りの方に相談できなかったり、理解してもらえずにいる方も多くいらっしゃいます。
つわりはお腹に新しい命を授かったことによって、熱が胃などに溜まることによっておこります。不妊治療を同じく、刺さない鍼と温かくて気持ちのいいお灸で施術しますので、妊娠初期でも安心して受けられます。

5、逆子

婦人鍼灸は逆子の対応もできます。逆子はおもには母体の冷えから胎児が骨盤位になってしまうものです。至陰などにお灸をすることで、胎児の頭位が落ち着いてきて分娩の準備を始めます。

6、体質改善・体調維持管理(未病への治療)

病気ではないけれどなんとなく体調がすぐれない、そんな未病にはさまざまな症状があります。以下のように、おもに胃腸障害といわれることが多くあります。

  • ①なかなか眠れない
  • ②食事がおいしく食べられない
  • ③立ち眩みがする
  • ④普通に階段を上がっても息が切れてしまう
  • ⑤食後にお腹(胃腸)が張る
  • ⑥下痢をしやすい
  • ⑦風邪をひきやすい
  • ⑧腰が重くてだるい
  • ⑨手足が冷える
  • ⑩トイレが近くなっている

栄養の基本は「食事」です。そして、人間の本質は「食べて、寝て、出して、動く」です。それらが順調におこなわれているのが健康であり、血流や栄養の滞りは健康を阻害します。
鍼灸治療では、ゆっくりと全身状態を整えて、維持をします。日常生活をより快適に過ごすために、調整・維持をして、いらぬ病を招かないように定期的にゆっくりと施術をおこないます。

鍼灸学科
人気のオープンキャンパス

×閉じる

資料請求はこちら
資料請求はこちら