鍼灸師について

鍼灸師の魅力とやりがい

「はり師」と「きゅう師」両方の国家資格を持ち、東洋医学に基づき人間が持つ自然治癒力を活性化させることを目的に施術を行います。
年齢問わず高いニーズがあるほか、美容やスポーツの分野でも活躍できる、近年注目の資格となっています。

鍼灸師の魅力とやりがい

鍼灸師の3つの魅力

① 自らの力で人を助けることができる

鍼灸師は身体にあるツボを鍼と灸を使って、患者さんの自然治癒力を引き出したり、免疫力を高めたりすることができます。

薬を使わずに治療を行うことや、治療後の副作用の心配がほとんどないことから、妊婦さんや赤ちゃん、高齢者の方でも安心して治療を受けることができ、幅広い人を助けることができます。

② 活躍フィールドが広い

東洋医学に基づいた鍼灸治療はさまざまな疾患に対応することができ、世界的に認められ始めています。

鍼灸師は医療現場だけでなく、介護業界、スポーツ業界、美容業界など、さまざまな場所で必要とされているのです。

③ 独立開業できる

鍼灸師の資格を取得すると、開業する権利が与えられます。

独立開業して成功するのは簡単なことではありませんが、そのメリットは大きいといえます。
従業員として働いていた時と比べて、収入の増加が見込めますし、経営者ならではの充実感やモチベーションを持って働くことができます。

▶ 独立開業サポート制度

鍼灸師のやりがいと必要な能力・適正

① 鍼灸師のやりがい

鍼灸師は、ケガや痛みで苦痛を抱えている人を、自分の治療によって、病気の治癒もしくは予防へ導くことができます。
その人が元気になったり笑顔になったり、その喜びに接する事が日々の仕事のやりがいと言えます。

また、世界中で統合医療が注目されるいま、鍼灸師の活躍のフィールドは医療現場だけでなく、介護の業界、スポーツの業界、美容の業界など様々です。
幅広いフィールドの中から、自分の興味のある分野を深め、それに携わることができることも鍼灸師のやりがいとして上げられます。

② 鍼灸師になるために必要な能力・適正

鍼灸師には国家試験合格と施術の技術が必要です。それ以外にも、鍼灸師として必要な能力があります。それは、コミュニケーション能力です。
体の不調やそれに対してどのような施術を望んでいるかを聞き取ることや、相手に簡潔に分かりやすく説明する能力、そして施術中に患者さんに不安を抱かせないよう、安心感や信頼感を与える接し方も求められます。

鍼灸学科
人気のオープンキャンパス

×閉じる

資料請求はこちら
資料請求はこちら