鍼灸師について

鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師との違い

「鍼灸師」と「あん摩マッサージ指圧師」は、いずれも東洋医学をベースとした施術をおこなう医療系国家資格です。資格を取得するには、専門学校または短大、大学などの学校・養成施設で3年以上修業し、国家試験に合格することが必須となります。

このページでは「鍼灸師」と「あん摩マッサージ指圧師」それぞれの施術内容について、簡単にご説明します。2つの資格のいずれか、または両方の資格を取得したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師との違い

「あん摩マッサージ指圧師」とは?

あん摩マッサージ指圧師は医療系国家資格のひとつで、なでる・押す・揉む・たたくなどの手技を用いて、患者さんの身体の不調を緩和します。

鍼灸師と同様、医師の指示なしに施術をおこなうことができ、卒業後は施術所(治療院)への就職や開業、訪問診療などの働き方ができます。

「鍼灸師」とは?

鍼灸師は、はり・きゅうを用いて身体のツボを刺激することで人間本来が持つ自然治癒力を高め、患者さんの身体の不調を改善します。

東洋医学に基づく施術法で、西洋医学のように手術や薬を使わないため、赤ちゃんや妊婦さん、お年寄りの方などにも行えるやさしい医療として、最近では世界的にも注目を集めています。

「あん摩マッサージ指圧師」と「鍼灸師」、両方の資格を取得したい方は

あん摩マッサージ指圧師の養成校には、同時に鍼灸師(はり師・きゅう師)の受験資格を取得できるカリキュラムを組んでいる学校があります。

このように、両方の資格を同時に取得できる学科を「本科」、鍼灸師のみの資格を取得できる学科を「専科」と呼んだりします。

本科は専科に比べ、学費が高額になることが多いですが、いずれも修業年限は最短で3年間となっているため、両方の資格取得を目指す方は本科を選ぶと良いでしょう。

鍼灸師を目指すなら、あん摩マッサージ指圧師の資格も取得したほうが良い?

鍼灸師を目指している方の中には、鍼灸師のほかにあん摩マッサージ指圧師の資格も取得したほうが良いのか検討されている方もいます。

確かに「もう一つ国家資格を取っておいたほうが将来的に有利そうだから」と考える方もいますが、鍼灸師の資格だけでも治療家として十分に活躍している方はたくさんいます。

鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師を両方取得するか、鍼灸師のみ取得するかを迷っている方は、自分が治療家として将来どんな施術をしていきたいかで決めると良いでしょう。
前述のとおり、本科と専科はいずれも修業年限は最短で3年間のため、鍼灸の技術のみを学ぶ場合と、鍼灸と併せてあん摩マッサージ指圧師としての技術を学ぶ場合とでは、鍼灸の技術取得のための授業時間が異なってきます。
将来的に「マッサージの技術も使って働きたい」のか、「鍼灸師としての技術だけで勝負したい!」のか、自分の将来像に照らして検討してみてください。

鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師を両方取得するか、鍼灸師のみ取得するかを迷っている方は、自分が治療家として将来どんな施術をしていきたいかで決めると良いでしょう。

前述のとおり、本科と専科はいずれも修業年限は最短で3年間のため、鍼灸の技術のみを学ぶ場合と、鍼灸と併せてあん摩マッサージ指圧師としての技術を学ぶ場合とでは、鍼灸の技術取得のための授業時間が異なってきます。

将来的に「マッサージの技術も使って働きたい」のか、「鍼灸師としての技術だけで勝負したい!」のか、自分の将来像に照らして検討してみてください。

×閉じる

来校型/オンライン型 オープンキャンパスに参加しよう!
来校型/オンライン型 オープンキャンパスに参加しよう!