柔道整復師について

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師は、「接骨院・整骨院の先生」としてよく知られている職業で、「ほねつぎ」と呼ばれることもあります。

柔道整復師は国家資格で、おもに捻挫・打撲・骨折・脱臼などのケガに対して手術をせずに手技で施術し、機能回復を図る専門家です。

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師の仕事

柔道整復師が施術する範囲や対象は多岐に渡っています。一般の方だけでなく、スポーツトレーナーとしてスポーツ選手への施術をおこなうことも多くあります。
具体的には、骨折や脱臼を手術することなく元に戻したり、包帯固定やテーピングを使って施術します。

【おもな診断】

患者に症状を聞く「問診」から始まり、患部をしっかりと観察する「視診」、患部に手を触れて状態を把握する「触診」へと進んでいきます。

①整復法・固定法
②手技療法・物理療法
③運動療法

柔道整復師の活躍の場

① 接骨院や整骨院

接骨院や整骨院

多くの柔道整復師が働いているのが接骨院や整骨院です。

接骨院や整骨院には子どもから高齢者まで幅広い年代の方が捻挫や打撲などで患者として来院します。医療保険が適用される接骨院・整骨院には、医療保険内で施術をしてもらう人もいれば、医療保険外で自由診療を選んでしっかりと体の回復に努める人もいます。

接骨院・整骨院は地域に根差していることから、柔道整復師として「地域医療の担い手」として活躍することができます。

② 病院

病院

病院の中でも整形外科が柔道整復師の人気の働き先のひとつです。

整形外科では、骨折からの整復やギプスの装着、テーピング、リハビリテーションなどがあります。

病院の整形外科には医師や理学療法士なども働いているため、患者も特殊な症例を持つ人が来院することもあるため、仕事をしながら柔道整復師としてより深く知識を得ることができるという点で、柔道整復師が整形外科で働きたい人気の理由になっています。

③ 介護施設

介護施設

柔道整復師は福祉や介護の業界でも活躍の場が広がっています。

介護施設では、柔道整復師は機能訓練指導員として筋力が低下した要介護者に対して筋力を高める運動を指導したりします。

超高齢社会においては介護業界からの求人は年々増加しており、さらに介護施設や福祉施設で働くことで介護・福祉の専門家と接する機会が多くなることで自身の取得している柔道整復師とは別の知識が得られることへ魅力を感じる柔道整復師もいます。

④ スポーツの現場

スポーツの現場

柔道をおこなう人への処置としておこなわれてきた柔道整復術は、テーピング技術やケガの応急処置などを活かしてスポーツトレーナーとして仕事をしている柔道整復師もいます。

スポーツの現場で働く柔道整復師はスポーツトレーナーの一員として、スポーツ選手を間近でサポートします。スポーツトレーナーの仕事は、選手のトレーニングや栄養管理、精神面でのサポートなど多岐に渡りますが、その中でも柔道整復師は選手の体調維持や管理を得意としています。

選手がケガをしたときにも即座に状態を把握して、その場で最も適切な応急処置を施します。また、ケガに耐えられる体作りの指導や、日々のトレーニングメニューの作成も仕事としています。試合中に発生したケガや痛みに、その場で応急処置ができる柔道整復師は、選手のすぐそばで待機してくれる柔道整復師は選手から厚い信頼を寄せられるスポーツトレーナーです。

▶ 日本医専でスポーツトレーナーを目指す

×閉じる

LINE de 個別相談 オンライン個別相談
LINE de 個別相談 オンライン個別相談