柔道整復師について

柔道整復師と整体師の違い

柔道整復師と整体師、どちらも手技によって体の不調を回復させることができる職業ですが、その技術や知識、仕事内容は異なるところも多くあります。
混同されることもありますが、柔道整復師と整体師の違いについてしっかりと理解しておきましょう。

柔道整復師と整体師の違い

柔道整復師の仕事

柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などのケガに対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などの施術を行うことができる、ケガを治す専門家です。

「接骨院の先生」「スポーツトレーナー」というのが最もイメージしやすいでしょう。
柔道整復師になるには、柔道整復師養成施設となっている専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格する事で取得することができます。

整体師の仕事

整体師とは、関節や骨格などの歪みを、手や足による施術で矯正する技術を持つ人のことです。実は「整体師」という資格名はなく、いわゆる民間資格であるリフレクソロジーやカイロプラクティック、オステオパシーなどのボディ系セラピストを総称して整体師と呼ばれているようです。

整体師になるには、資格の種類によって異なりますが、民間資格のスクールに通うのが一般的です。中には通信講座や企業内研修のみで技術を習得するケースもあるようですが、患者様に満足した施術を行えるようになるには、体系的な知識や技術を学ぶことが望ましいでしょう。

柔道整復師と整体師の違い

1 必要な資格と学ぶ内容の違い

柔道整復師になるには、専門学校などの養成施設に3年以上通学し、医療や身体の基礎知識、施術の技術を習得して、柔道整復師の国家試験に合格する必要があります。一方、整体師は短期のスクール等で主な施術方法を学び、民間資格を取得することが多いです。

2 保険診療の有無

整体院はすべて自由診療での施術となるため、おこなう施術によっては施術費用が比較的高額になりがちです。それに対して接骨院では、柔道整復師による骨折や捻挫、打撲や脱臼などの急性外傷に対する施術を行う場合には、病院などと同様に保険診療で施術することができます。健康保険が適用となると、自己負担額は1~3割程度となるため費用面でも通いやすくなるでしょう。ただし、柔道整復師であっても、肩こり等の慢性的な疾患を施術する場合は、自由診療となり健康保険は適用外となります。

×閉じる

LINE de 個別相談 オンライン個別相談
LINE de 個別相談 オンライン個別相談