柔道整復師について

柔道整復師になるには

柔柔道整復師は骨折や捻挫、打撲などのケガを治すことのできる資格です。柔道整復師は整体師などの民間資格とは違い、保険診療が可能な国家資格です。
国家資格である柔道整復師になるには、国家試験への合格が必要となります。

柔道整復師になるには

柔道整復師専門学校もしくは大学へ進学

柔道整復師になるには、柔道整復師国家試験に合格しなければなりません。

国家試験の受験資格は、柔道整復師養成施設となっている専門学校や大学などを卒業していることです。

柔道整復師として活動していくために必要な知識と技能を3年間以上(大学の場合4年間)学び、在学中に行われる認定実技試験に合格し卒業することが、柔道整復師になるための第一歩といえます。

学校で学ぶ内容

柔道整復師養成施設では、解剖学、生理学、一般臨床医学などの基礎科目や、柔道整復理論、柔道整復実技などの専門科目、骨折や脱臼など外傷を治すために柔道整復師が行う整復法、固定法などの実技を学びます。

国家試験を受験

専門学校、または大学を卒業して、柔道整復師国家試験を受験する資格を得た後は、年に1回実施され、毎年3月上旬頃に行われる、柔道整復師国家試験を受験します。

試験は専門学校、または大学で学んだ、解剖学や生理学、一般臨床医学などを含んだ全11科目の筆記試験です。

柔道整復師の免許を取得

国家試験に合格し、免許を申請すると柔道整復師の免許証が公布されます。

免許を取得すると、接骨院や整骨院、病院や整形外科にて施術を行うことが出来ます。

柔道整復師は独立開業が出来る資格ですが、経験も重要であるため、まずは病院や接骨院などで2~5年程度、経験を積む必要があります。

高校卒業
日本医専などの
柔整系専門学校
柔道整復学科がある4年制大学または3年短大
一般短大・一般専門学校・一般大学・社会人
日本医専などの
柔整系専門学校
柔道整復学科が
ある大学
柔道整復師の国家試験合格
柔道整復師の資格取得

スポーツトレーナー・パーソナルトレーナーなどのスポーツ分野、医療・介護施設などへの就職または独立開業

柔道整復師の活躍の場

これまで柔道整復師といえば「接骨院の先生」というイメージがありましたが、“身体に関するプロフェッショナル”である柔道整復師は、その技術と知識と活かして、実にさまざまな領域で活躍しています。

そのひとつがスポーツの現場です。柔道整復師は、捻挫・打撲・挫傷などの怪我の応急処置ができる資格であり、スポーツジムやスポーツチームの専属トレーナーとして活躍することが可能です。
接骨院・整骨院はもちろんのこと、病院や整形外科クリニックに就職する柔道整復師もいます。また、近年では機能訓練指導員として、デイサービスなどの介護施設や福祉分野での活躍も求められています。

薬や手術に頼らずに、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に発揮させて回復へと導く柔道整復師。子どもから高齢者の方まで利用できるその技術は、これからも幅広い分野でニーズが高まっていくでしょう。

×閉じる

資料請求はこちら
資料請求はこちら