日本医学柔整鍼灸専門学校

夢を叶えた多くの卒業生がいます

卒業生インタビュー

▼
割田 憂貴さん

CASE1接骨院 院長

株式会社ゆうしん
エリアマネージャー 兼 和心接骨院 院長
割田 憂貴さん

日本医専で最高の仲間に出会え、
技術と人間力を学んで、
いまの自分がある。

PROFILE
高校卒業後、本校の柔道整復学科に入学。卒業後は関東を中心に接骨院・鍼灸院を多店舗展開している「株式会社ゆうしん」へ就職。現在は和心接骨院の院長としてだけではなく、3店舗を統括する若きエリアマネージャーとしても活躍している。
好きな先生に憧れ柔道整復師を目指したんです。

僕は中学から剣道をやっていて、その時に膝を痛めてしまい、家族がお世話になっていた接骨院に通うことになりました。柔道整復師という職業を知ったのはこの時ですね。

その接骨院の先生の人柄が好きで、高校生の時には「自分も柔道整復師になる!」と進路を決めていました。周りは皆、大学志望でしたが、僕は柔道整復学を学べる専門学校をいくつか調べていきました。

その中でも日本医専は、オープンキャンパスで感じた学校の雰囲気がとても自分に合っていて、一緒に頑張ろうと思える最高の仲間にも出会えました。

オープンキャンパスでは、「新しいことを学びたい」という意欲のある友達と出会え、その友達に会いに行く感覚で毎週のように参加していましたね。入学前から先生とも同級生とも打ち解けられたことで安心感もありました。

日本医専はとにかく実技が多い。

日本医専の魅力は、とにかく実技の時間が多いことです。包帯や、固定、整復法など日本医専で学んだ技術は、現場でとても役に立っています。

包帯の技術に関しては、先日社内で開催された技術大会で「包帯王」の称号をいただきました!また、接骨院、整形外科など様々な先生からリアルな現場の声が聞けて大変勉強になりました。解剖実習に毎年行けることも、日本医専ならではの魅力ですよね。

大切な人間力もここで学びました。

そして、日本医専は「人間力」の大切さも教えてくれました。この「人間力」は現場ではとても重要です。今は院長として人を育てる立場ですので、これからは自分と同じ思いを持つ仲間を見つけ、しっかり育てていきたいですね。

PROFESSIONAL
エリアマネージャーも任せてもらっています。

私が大事にしているのはマネジメント力。今はエリアマネージャーも任せてもらっているので、今後ますます自分の仕事を磨いていきたいです。患者様にも仲間にも本気で向き合うのが自分の持ち味。日本医専はその礎を作ってくれた場所で、学生の時から今もそれは変わりません。

▼
松井 薫さん

CASE2パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナー
国士舘大学 特別研究員
NESTA JAPAN 設立参画理事
松井 薫さん

体の中の筋肉や骨について、外からよく見て考える。
真のパーソナルトレーナーとして
感動を与えていきたい。

PROFILE
国士舘大学体育学部体育学科卒業後、南青山のスポーツクラブに就職。10年以上勤務したのち、パーソナルトレーニング専門のフィットネスジムを立ち上げる。現在は、パーソナルトレーナー、スポーツトレーナーとして活動するだけでなく、国士舘大学での非常勤講師、国士舘大学理工学研究所特別研究員、および全国の市町村や企業の主催による健康セミナー・講演会で講師として活動をしている。
自らのケガを機に独学でトレーニングを始めた。

私が体のことを勉強するようになったきっかけは、小学生の時に診断された、第五腰椎の分離症に他なりません。また、椎間板ヘルニアも併発してしまい、ふく前進でないと歩けない状態まで悪化してしまいました。すがる思いでいろいろな病院に行きましたが、「骨を削らなきゃダメだ」という先生や「手術は免れるが今後もう激しいスポーツはダメ」という先生ばかり。けれども私としては「手術はしたくないが運動は継続したい」。そこで独学でトレーニングの基礎を習得し、痛みを軽減するトレーニング法を見いだしたりしました。この経験と知識を将来活かすことができないか。自分と同様にケガで悩む人を少しでも減らせないか。そんな想いからトレーナーになろうと思いました。

自分の専門性が任天堂の目にとまる。

体育大学を卒業後、パーソナルトレーナーとしての活動を始めました。自分が研究していた重心動揺計(体のバランス測定)を取り入れ、HPでもそのメソッドを公開していたんです。それがたまたま任天堂の方の目に留まり、ある日、任天堂の京都本社に呼ばれて、Wii Fitのトレーニングメニューの監修をすることになりました。自分の信念とは、いつか通じるものですね。

40歳で日本医専に入学しました。

その後、さらにトレーナーとして勉強したい、感動を与えたい。その信念のもと、柔道整復師を取得するため、40歳で日本医専に入学しました。日本医専を選んだのは、水泳日本代表に帯同していた黄海先生がいらっしゃり、将来的に自分を拡げてくれると思ったからです。日本医専の授業は、とにかく実技が多かった印象です。今でもよく使うキネシオロジーテーピングや、ホワイトテープも、とにかくたくさん巻きました。おかげさまで無事に国家資格を取得でき、クライアントには今まで以上に説得力のあるサポートができるようになりました。

国家資格という裏付けは大きいです。

人を見る時、一番考えるのは、体の外から筋肉や骨の状態をしっかり想像すること。生身の体は、一人ひとり違う体であるということ。学んだ知識と経験、国家資格という裏付けをもって、人々に感動してもらえるよう、さらに頑張っていきたいと思います。

PROFESSIONAL
Wii Fitの監修や出版など
メディアも通じて感動を伝えたい。

私が学んできた重心誘導やバイオフィードバックの考え方はWii Fitの監修へとつながりました。おかげさまで今ではテレビ出演や出版などメディアを通して活動する機会も増え、トレーニングの素晴らしさや感動を広めています。

▼
宮川 浩太さん

CASE3スポーツトレーナー

日本陸上競技連盟A級トレーナー
日本医専トレーナーズチーム(NITT) B級ライセンストレーナー
宮川 浩太さん

アスリートとしての経験の上に、
柔道整復師として
医学的な知識を身につけた今、
自分にできることは限りない。

PROFILE
中学時代に陸上競技と出会い、筑波大学在学中には箱根駅伝出場を目指して競技に打ち込む。大学卒業後も競技を続け、かすみがうらマラソン優勝(’07・’09)、シドニーマラソン4位(’07)という実績を残す現役ランナー。現在は日本陸上競技連盟A級トレーナーとして高校生から市民ランナーへの指導をおこなう傍ら、日本医専トレーナーズチーム(NITT)の主要メンバーとして多くのスポーツ現場で活躍中。
マラソンコーチとしてもっと選手に寄り添えないか?と考えたのがはじまり

スポーツ関係の大学を卒業後、高校教師(保健体育)をしながら、マラソンコーチとしても活動していました。その時に、ケガのために伸び悩んでいる選手たちを何人も見てきて、私にサポートできることはないかと考え出したのが始まりです。しかし、独学で出来ることには限界がありましたので、色々調べるうちに柔道整復師や鍼灸師の資格を知りました。

仕事と学校の両立は正直ハードだったが、3年間やり切った経験は大きな財産。

学校選びをしている時、日本医専のホームページで黄海先生(本校特任講師)の記事を読みました。「柔道整復師×スポーツトレーナー」の特集で、内容は今でも印象に残っています。これがきっかけで学校への興味が強まり、アクセスの良さも後押しして、すぐに入学を決めました。在学中は高校教師の仕事を続けながら、夜間部に通うという生活を3年間継続。仕事と学校の両立は想像以上にハードでしたが、どちらも諦めずに最後までやり切った経験は今、自分にとって大きな財産となっています。

選手のケアには、症状を見るのではなく「人」を見ることが何より重要

「柔道整復学」や「柔道整復実技」は特に印象的な授業でした。どちらも医学知識として重要な内容なので、実際のスポーツ現場で大いに役立っています。日本医専はスポーツ現場で活躍中の先生も多いので、将来どんなトレーナーになりたいか 具体的にイメージしやすかったですね。包帯やテーピングを巻けるだけではダメで、いかに選手の状況を理解できるかがスポーツ現場ではカギ。「症状」を見るのではなく「人」を見る、ということも学校で身につけた重要なことですね。医学的な知識をもつ柔道整復師は今後ますます重要な存在になると確信しています。スポーツトレーナーとしてはもちろん、もっと幅広くスポーツに関わっていきたいです。

PROFESSIONAL
「現役ランナー×スポーツトレーナー」 として、
唯一無二の存在になりたい。

中学校から陸上競技を始めて、高校・大学は部活に没頭しました。大学卒業後、かすみがうらマラソン優勝(’07・’09)など、現在も市民ランナーとしてマラソンを続けています。アスリートとしての感覚をしっかり持ちながら、スポー ツトレーナーとして選手のサポートをできることが自分の強み。今後もアスリートにしっかりと寄り添えるスポーツトレーナーであり続けようと思います。

▼
大浦 清伸さん

CASE4機能訓練指導員

社会福祉法人合掌苑
大浦 清伸さん

生活の中に運動を取り入れて、
みんなが元気になっていくことが
機能訓練指導員として生きると決めた自分の使命だと思っている。

PROFILE
フィットネスクラブのインストラクターとして活動中に、キャリアチェンジを志して本校柔道整復学科夜間部に入学。卒業後は、柔道整復師の知識と技術を活かし、介護福祉施設で機能訓練指導員として活躍中。「柔道整復師×機能訓練指導員」という貴重な存在として、多くの高齢者のケアをおこなっている。
無資格でスポーツ業界で働く先輩の現実を目にして思い立った。

私はもともとフィットネス業界で派遣インストラクターとして働いていました。ある日、派遣先の店舗が突然閉店してしまい、同じように働いているベテランの先輩が行き場を失うという厳しい現実を目の当たりにしました。その時に、自分もこのままではいけない。何かしらの国家資格は必要だと痛感したんです。それから学校を探し始めたのですが、仕事後に通える交通の利便性や学費のことなど色々検討したところ、日本医専が一番でした。学校説明会に行ったとき、当時学科長だった黄海先生(現在は特任講師)が即興で手技を披露してくれたのですが、あまりの効果に「魔法か!」と思いましたね。柔道整復師になればこんなことができるのかと。結局それが決め手になり入学を決意しました。

卒業後に役に立つ実践的な知識・技術を身につけられる学校。

とにかく実技・実習が多い学校だと思います。特に記憶に残っているのは、年1回おこなわれる、医大での解剖実習見学です。これは人体の構造を理解する上ではとても重要で、今考えても実際の体に触ることができるというのは本当に貴重な経 験でしたね。そのおかげで写真や模型だけでは分からない細かい部分まで突き詰めて学ぶことができました。他の学校でも解剖実習見学はありましたが、毎年おこなっているのは私が調べた限り日本医専だけ。包帯も巻きたいだけ巻かせてもらえて、とにかく実践的な知識・技術を身につけることができました。

予想外のケガが発生しやすい介護福祉現場において、ケガの鑑別ができる柔道整復師は強い。

別養護老人ホームで働いていますが、高齢者の方はこちらが想像している以上に転倒しやすく、手をひねるなどの小さなケガは日常茶飯事です。機能訓練指導員という仕事は、理学療法士や作業 療法士もおこなうことができますが、ケガの程度(骨 折の有無など)を判断することは難しいと思います。その点、柔道整復師はケガの専門家ですから、ケガの状態がどうなっているのか、鑑別できるのが強み。骨折の疑いがある場合にはすぐ整形外科に連れて行きます。この鑑別の力というのは、学校で教わった解剖 学や生理学の知識、それを基に培ってきた人体構造のイメージが大事になります。他には、普段からどれだけ些細な変化に気付けるか、意識することが大切です。高齢者の方の痛みを和らげてあげると、皆さんとても喜んでくれます。自分の知識と技術が役に立っている実感があって、本当にやりがいがありますね。

PROFESSIONAL
「10の基本ケア」を推進して生活リハビリを浸透させたい。

いま当施設では日常生活の中でできるリハビリを「10の基本ケア」として推奨中です。私がプロジェクトリーダーを務め、柔道整復師ならではの観点で人体構造や人間の動作を細かく分解し、高齢者の方でも無理なくおこなえるリハビリメニューを提案しています。これから更に高齢化社会が進む中で、健康寿命をいかに伸ばせるかが重要。より多くの方に普及させることができるよう、これからも頑張っていきます。

▼
高島 風香さん

CASE5美容鍼灸師

カリスタ株式会社 執行役員
美容鍼サロン「C by CALISTA」銀座店 店長
高島 風香さん

私が一番に考えていることは、
お客様の人生を豊かにすること。
そのマインドも日本医専で学ぶ中で
培ってきたと感じています。

PROFILE
学生時代はバスケットボールに熱中。高校時代はインターハイに出場。そのバスケットボールの経験から鍼灸の道を選択し、本校鍼灸学科昼間部に入学。卒業後、カリスタ株式会社に入社。2年目には、CALISTA恵比寿本店の店長に就任。2014年、美容鍼サロン「C by CALISTA」をプロデュース。2018年現在、東京のエリアマ ネージャーを経て、執行役員と銀座店店長を兼務している。
高校時代に鍼灸に出会い、衝撃が走った。そこで進路は決まった。

高校時代はバスケットボールに熱中し、インターハイにも出場することもできました。鍼灸を知ったのは、部活仲間が治療を受けていたことがきっかけ。ある日、父が五十肩になってしまい、鍼灸院まで付き添いました。鍼灸治療で五十肩が治るのを見て衝撃が走り、その時に自分の進路を決めました。この決断は親も応援してくれて嬉しかったです。

鍼灸師となった今でも、学生時代の教材とノートを見返すことがあります。

学校選びの際には、たくさんの学校を見ました。日本医専は、第一に、実技の時間が多い。そこに惹かれました。第二には、在校生がフレンドリーで雰囲気が良かったこと。私は山梨から上京して心細かったこともあり、とても親切に相談に乗ってくれて助かりました。そして第三には、カリキュラムです。国家試験のさらに先、鍼灸師として活躍する自分の姿がイメージできました。ある知識や技術を突き詰めて学ぶというより、鍼灸に関する幅広い知識と技術を学べる。これは自分の考えと非常に合っていました。実際に入学してから得たものも大きかったと実感しています。例えば、経絡治療もそう、検査 法や解剖学の知識も、実際の臨床現場で使われている内容を学べたので、鍼灸師となった今でも一番役に立っているのは当時の教材だったりノートだったりするんですよ。授業は大変なことも多かったですが、先生の手厚いサポートのおかげでしっかり身につき、本当に感謝しています。同級生も仲が良い だけではなく、意識が高い人が多かったのも個人的には良かったです。

日常会話だけで症状の診断ができる。

卒業してからカリスタという美容鍼灸サロンに入社しました。働く上で最も大事なことは、マインドだと感じています。確かな鍼灸技術を持っていることは当たり前です。大事なのは、目の前のお客様をどれだけ見ているか。鍼灸には、問診・望診・脈診・舌診など、様々な診断方法がありますが、私はお客様との何気ない日常会話から診断できることが理想ですね。例えば、娘の出産をサポートできるように自分の体調を整えたい、と話すお客様にはそのマインドで身体の状態を診ていくなど、こうなりたい、という言葉をどれだけ拾ってあげられるかが大事だ と思います。お客様にありがとうと言われることは何より嬉しいですし、実は今日着けているピアスも私の初めてのお客様から先日いただいたものなんですよ。お客様とこのような関係性を築けるのは鍼灸師ならではと思いますし、本当にかけがえのない仕事だと思います。

PROFESSIONAL
「C by CALISTA」のブランド立ち上げを経験。
もっと美容鍼灸を広めていきたい。

リフトアップ特化型の美容鍼灸サロン「C by CALISTA」は、私も中心となって立ち上げた新事業。お客様から好評をいただき現在は4店舗展開しています。ここではカリスタの技術やマインドをさらに広めていく活動も担っています。鍼灸はもともと人に依存しやすい技術で伝承が難しい。こんなにいい技術なのに勿体ないと感じていたので、これから鍼灸師を目指す方にも夢を与えられるように、続けていきたい活動ですね。

▼
岡本 真理さん

CASE6美容サロンオーナー

麻布ハリーク 代表
日本メディカル美容鍼協会(JMCAA) 会長
岡本 真理さん

美容鍼を極め、後世に残す。
それが私の使命です。

PROFILE
米国留学中に鍼灸に出会う。その魅力に魅かれて、東洋医学を学ぶべく帰国。本校の鍼灸学科にて鍼灸師を取得後、各診療所で経験を積む。2009年に「美容鍼灸サロン 麻布ハリーク」を開業。日本における美容鍼灸のパイオニアであり、日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)の会長としても精力的に活躍中。
鍼灸の魅力にとりつかれて帰国。

乗馬でオリンピックを目指していた私は、12才から大学まで海外でずっと暮らしていましたが、日本に帰るきっかけ、それが鍼でした。海外在住時、馬が足を痛めてしまい、あらゆる手を尽くしたのですが、治らない。そんな時、知り合いの獣医さんが、「鍼をはじめたから私に診せて」と言ってくれました。そしたらなんと症状が改善したんです。「なんだコレは!」と私はその神秘的な魅力にとりつかれてしまいました。ちょうどアメリカでは鍼灸への期待が高まりつつあった時期でしたので、日本へ帰国して東洋医学をしっかり学ぼうと決意しました。

各年代とも意識が高いしフレンドリーなのが日本医専。

帰国後、いくつか学校を見学しましたが、日本医専に決めた理由はとにかく雰囲気。オープンキャンパスに行った時、一緒に参加していた入学検討者の方たちが10人くらいいて、当時の私と同年代(20代前半)だけでなく、30代も、40代の方も参加していましたが、みんなとにかくフレンドリー。そして意識も高い。すぐに打ち解けて、参加当日にみんなで試験を受けて入学を決めました。

西洋医学と東洋医学は違いがあるが、つながっている。

授業で特に印象に残っているのは、やはり東洋医学ですね。たとえば五臓六腑の「肝」は、西洋医学で言うところの血液の貯蔵庫としての働きだけではなく、東洋医学では、精神状態や目とも密接な関係がある、という話になります。東洋医学は、気持ちや生活習慣も含めて、体全体を見ていくんですね。これは西洋医学にはない考え方ですが、それでいて双方はどこかでつながっている。そういったお話がお客様に出来るのはとても大事なことで、日本医専で学んだことが役に立っています。

もっと鍼灸を極めていきたいです。

お客様に預けていただいた体をしっかり最後まで見る。それが私たちの仕事です。私のサロンももう10年目。おかげさまで多くのお客様にご利用いただけるようになりました。何より提供する品質を大事に、鍼灸というものが、もっと皆さんの生活に欠かせない存在になっていくよう、もっと鍼灸を極めていきたいですね。

PROFESSIONAL
日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)の会長として日々頑張っています。

私の一番のポリシーは、美容鍼をイメージアップしたい、と常に思っていることです。昨年、日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)を立ち上げました。代表顧問にはドクターシーラボの開発者である城野先生を迎え、山野弘敏さんも協会顧問をしていただき、日々奮闘しています。美容鍼を他の美容医療と肩を並べる存在にし、多くの方に美容鍼の素晴らしさを知っていただくことが私の使命です。

▼
大橋 友真さん

CASE7スポーツ鍼灸師

株式会社ケッズトレーナー 企画推進室・副室長
スポーツトレーナー
大橋 友真さん

アスリートと一緒に
金メダルを取る。
それが僕の目標でもあり使命。

PROFILE
ケガ治療をきっかけに鍼灸の存在を知り、高校卒業後は本校の鍼灸学科に入学。在学中にスポーツ鍼灸の面白さにのめり込む。 卒業後、多数のトップアスリートのサポート実績を持つ「ケッズトレーナー」に就職。スポーツトレーナーとして、一般人からトップアスリートまで幅広くケアをおこなっている。
ケガの治療で鍼灸と出会い、鍼灸師という職業に憧れていた高校時代。

中学時代はサッカー部に所属し、高校のスポーツ推薦までもらっていたのですが、椎間板ヘルニアを患ってしまい推薦は取り消しに。そこで普通に高校受験をして、柔道部が有名な千葉県立土気高校に入学しました。高校から柔道を始めましたが、またもやケガで挫折。さまざまな治療を受ける中、鍼灸治療が最も効果があり、鍼灸師という職業に魅力を感じていました。なので、高校卒業後に鍼灸師を目指すことは、自然と固まっていましたね。

スポーツトレーナーとしての基礎を日本医専でしっかり学ぶことができた。

いろいろな学校のパンフレットを読んだり、実際に見学に行って話を聞いたりしましたが、日本医専に一番将来性を感じました。伝統的な鍼灸だけでなく、スポーツや美容など幅広い分野に鍼灸を応用できるということを知ったからです。まだ自分の進みたい道がはっきりしていない人には、ぜひ日本医専をおすすめしたいですね。通常のカリキュラ ムに加えて、興味のある分野をより深く学べるゼミもあり、僕はスポーツ鍼灸と美容鍼灸の2つのゼミに入っていました。スポーツ鍼灸に関しては、テーピングの巻き方を教わってひたすら練習したり、「鍼灸 師×スポーツトレーナー」として活躍している外部の先生から実際のスポーツ現場で使われている施術 方法を教わったり、今考えると恵まれた環境で学べたと思います。

マイナスの状態をゼロに戻すのではなく、プラスに変えるのが僕の仕事。

ケガをしてない普通の状態をゼロとすると、ケガをした状態はマイナスになりますよね。これをゼロに戻していくというのが治療だと一般的には考えると思います。しかし、アスリートが相手だとゼロに戻すだけでは不十分。ケガする前よりも良い状態、つまり治療によってプラスに変える必要があります。これにはスポーツトレーナーもアスリートと一緒に成長しないとダメなんです。この考えは日本医専の先生が教えてくれました。難しいことですけど、僕はその魅力の虜になりました。私が担当した男子バレーボール選手は、腹筋が肉離れして背筋を伸 ばすこともできない状態から、現在では海外トップリーグで活躍するほどまでに快復したという例もありますので、自分の成長が選手の力を伸ばすことに繋がることを実感しています。

PROFESSIONAL
日の丸を背負う重みを実感。
金メダルを取ってもらうことが目標に。

僕が所属している会社には、卓球、マラソン、バレーボール、ボブスレーなどの日本代表選手トレーナーとしてオリンピックに帯同しているメンバーがいます。 僕自身、プロ野球選手をはじめとしたアスリートから、バレエ公演やアーティストのステージのサポートに至るまで、たくさんの方の身体をケアする機会があります。その中でも、オリンピックは日の丸を背負う重みを実感して緊張しますね。自分が担当したアスリートが金メダルを取る。これは今後の目標です。

▼
鈴木 正平さん

CASE8鍼灸接骨院勤務

大幸接骨院 治療院(鍼・灸)勤務
鈴木 正平さん

日本医専で経験した、
臨床経験豊富な先生との出会いと、
さまざまな学びを通して、
独立開業への夢を進んでいます。

PROFILE
飲食業界で働いていた際、柔道整復師の友人から話を聞き、医療人へのキャリアチェンジを選択。柔道整復学科卒業後すぐに鍼灸学科に入学し、6年間でW資格を取得。現在は鍼灸接骨院と本校附属臨床施設である敬心接骨院に勤務し、独立開業の実現に向けて着実に進んでいる。
将来は自分の城を持ちたい。独立開業を目指したことが転機。

日本医専に入学する前は、飲食業界でサラリーマンをしていました。ようやく店舗の仕事を覚えたと思った矢先に異動することも多く、根無し草ではないですが、将来を考えた時に正直不安はずっとありました。そんな時、柔道整復師の友人と話をする機会があり、その仕事内容と独立開業権が得られることに興味が湧きました。もともと飲食業界で働いていたときから、いつかは自分の城を持ちたい!と強く思っていたんです。

授業や臨床実習から、独立開業のイメージを固めることができた。

自宅からのアクセスも最高で、学費もお得感があったので、すぐに日本医専への入学を決めました。入学当時の私は28歳。夜間部には様々な経歴を持っている学生がいたので、周りを 見回しても年齢は全く気にならなかったです。日本医専には臨床経験豊富な先生がとにかく多い。例えば、自分ではうまく巻けたと思った包帯やテーピ ングでも、先生の巻き方を見るとレベルがまるで違う。当時は追いつける気がしませんでしたね。また、臨床実習で先生方の施術所を見学させてもらうこともできたので、独立開業のイメージもより具体的 に描けるようになりました。

W資格を看板に、独立開業の夢を果たしたい。

やはり最初は不慣れな医療系の勉強でしたから、解剖学や生理学などは苦労した記憶があります。しかし、先生方にわからないことを気軽に質問に行ける環境や補講など、サポートが手厚かったこともあり、次第に勉強は苦労しなくなりました。柔道整復師だけでなく鍼灸師も取得しようと考えることができたのは、これらに加えて、学費免除や履修科目の免除といった制度があったから。W資格(柔道整復師・鍼灸師)取得のサポートは手厚い学校だと思います。ですから、鍼灸師は思ってい たよりも苦労せずに取得することができました。いまは物件探しが楽しみで仕方ないです!

PROFESSIONAL
治療の幅が格段に拡がることが
W資格を持つ者の強みだと思います。

患者様が急性の不調で来院された時は柔道整復師の技術で対応します。慢性の不調、あるいは不定愁訴※を訴えている場合は、それ以外の様々なアプローチが必要となることが多いです。そうした時、W資格のある自分なら、鍼や灸はどうだろう、など幅広い対応が可能になります。

※不定愁訴:何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。