日本医学柔整鍼灸専門学校

夢を叶えた多くの卒業生がいます

卒業生インタビュー

▼
割田 憂貴さん

CASE1接骨院 院長

株式会社ゆうしん
エリアマネージャー 兼 和心接骨院 院長
割田 憂貴さん

日本医専で最高の仲間に出会え、
技術と人間力を学んで、
いまの自分がある。

PROFILE
高校卒業後、本校の柔道整復学科に入学。卒業後は関東を中心に接骨院・鍼灸院を多店舗展開している「株式会社ゆうしん」へ就職。現在は和心接骨院の院長としてだけではなく、3店舗を統括する若きエリアマネージャーとしても活躍している。
好きな先生に憧れ柔道整復師を目指したんです。

僕は中学から剣道をやっていて、その時に膝を痛めてしまい、家族がお世話になっていた接骨院に通うことになりました。柔道整復師という職業を知ったのはこの時ですね。

その接骨院の先生の人柄が好きで、高校生の時には「自分も柔道整復師になる!」と進路を決めていました。周りは皆、大学志望でしたが、僕は柔道整復学を学べる専門学校をいくつか調べていきました。

その中でも日本医専は、オープンキャンパスで感じた学校の雰囲気がとても自分に合っていて、一緒に頑張ろうと思える最高の仲間にも出会えました。

オープンキャンパスでは、「新しいことを学びたい」という意欲のある友達と出会え、その友達に会いに行く感覚で毎週のように参加していましたね。入学前から先生とも同級生とも打ち解けられたことで安心感もありました。

日本医専はとにかく実技が多い。

日本医専の魅力は、とにかく実技の時間が多いことです。包帯や、固定、整復法など日本医専で学んだ技術は、現場でとても役に立っています。

包帯の技術に関しては、先日社内で開催された技術大会で「包帯王」の称号をいただきました!また、接骨院、整形外科など様々な先生からリアルな現場の声が聞けて大変勉強になりました。解剖実習に毎年行けることも、日本医専ならではの魅力ですよね。

大切な人間力もここで学びました。

そして、日本医専は「人間力」の大切さも教えてくれました。この「人間力」は現場ではとても重要です。今は院長として人を育てる立場ですので、これからは自分と同じ思いを持つ仲間を見つけ、しっかり育てていきたいですね。

PROFESSIONAL
エリアマネージャーも任せてもらっています。

私が大事にしているのはマネジメント力。今はエリアマネージャーも任せてもらっているので、今後ますます自分の仕事を磨いていきたいです。患者様にも仲間にも本気で向き合うのが自分の持ち味。日本医専はその礎を作ってくれた場所で、学生の時から今もそれは変わりません。

▼
大久保 あいりさん

CASE2美容鍼灸師

銀座ハリッチ 表参道院 院長
大久保 あいりさん

美容鍼灸の世界を目指した私は、
日本医専ですべてを学んだ。

PROFILE
エステ業界志望だったが、鍼灸に可能性を感じ、高校卒業後は本校の鍼灸学科に入学。卒業後はモデル・女優などの有名人が数多く通う「銀座ハリッチ」に就職し、美容鍼灸師として活躍。2017年、表参道院の院長に就任し、お客様から多くの支持を集めている。
美容への興味から辿り着いたのは鍼灸。

もともと美容に興味があった私は、エステ業界に行こうと思っていたのですが、エステ業界で働く知人のアドバイスと、自分が通っていた鍼灸院の先生からの助言もあり、鍼灸について調べ始めました。すると、スポーツや美容、また婦人科系疾患にも効くことを知り、鍼灸の世界に可能性を感じたんです。都内の学校を調べていた私は、美容に特化した授業をおこなっている日本医専の鍼灸学科に魅力を感じ、入学を決めました。オープンキャンパスで学校の雰囲気がとても良かったことや、担当の先生が資格取得について丁寧に教えてくれたことを今でも覚えています。

日本医専の学びはレベルが高いんです。

日本医専での学びはとにかく濃くて、本当にレベルが高いと思います。いま勤務している銀座ハリッチでは、痛みを出さない鍼の打ち方を新入社員研修で学ぶのですが、痛点を避ける打ち方を私は既に日本医専で習っていたんですよ。美容鍼というのは、日本ではまだポピュラーではないので第一印象が大事だと考えています。最初に受けた鍼が痛いとお客様は二度と足を運んでくれなくなってしまいますからね。そのため、施術中は痛みがないようにとても気を配っています。

お客様を思う気持ちも日本医専で学びました。

また、鍼以外の接遇もお客様が心地よく過ごせるように心がけています。たとえば消毒は化粧水をつけるように丁寧におこなったり、施術着やタオルを使用前に暖めたり。そうした気配りやお客様を思う気持ちの大切さも、日本医専で学んだものですね。

鍼灸師の地位向上を目指したい。

銀座ハリッチのビジョンに「鍼灸師の地位向上」というものがあります。世の中には、まだ鍼灸師の仕事内容があまり認識されていませんが、もっと多くの方から憧れるような「カッコイイ職業」と思われるように業界のイメージを変えていきたいです。

PROFESSIONAL
鍼だけではなく、脈診から私のケアは始まる。

「脈診」と言いますが、脈をはかると、ストレスを抱えている、胃の調子が悪い、貧血気味、など、その日の体調が分かります。それにより鍼の打つ場所や方法を変えます。これも日本医専で学んだことで、お客様にもご満足いただけます。

▼
岡本 真理さん

CASE3美容サロン開業

麻布ハリーク 代表
日本メディカル美容鍼協会(JMCAA) 会長
岡本 真理さん

美容鍼を極め、後世に残す。
それが私の使命です。

PROFILE
米国留学中に鍼灸に出会う。その魅力に魅かれて、東洋医学を学ぶべく帰国。本校の鍼灸学科にて鍼灸師を取得後、各診療所で経験を積む。2009年に「美容鍼灸サロン 麻布ハリーク」を開業。日本における美容鍼灸のパイオニアであり、日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)の会長としても精力的に活躍中。
鍼灸の魅力にとりつかれて帰国。

乗馬でオリンピックを目指していた私は、12才から大学まで海外でずっと暮らしていましたが、日本に帰るきっかけ、それが鍼でした。海外在住時、馬が足を痛めてしまい、あらゆる手を尽くしたのですが、治らない。そんな時、知り合いの獣医さんが、「鍼をはじめたから私に診せて」と言ってくれました。そしたらなんと症状が改善したんです。「なんだコレは!」と私はその神秘的な魅力にとりつかれてしまいました。ちょうどアメリカでは鍼灸への期待が高まりつつあった時期でしたので、日本へ帰国して東洋医学をしっかり学ぼうと決意しました。

各年代とも意識が高いしフレンドリーなのが日本医専。

帰国後、いくつか学校を見学しましたが、日本医専に決めた理由はとにかく雰囲気。オープンキャンパスに行った時、一緒に参加していた入学検討者の方たちが10人くらいいて、当時の私と同年代(20代前半)だけでなく、30代も、40代の方も参加していましたが、みんなとにかくフレンドリー。そして意識も高い。すぐに打ち解けて、参加当日にみんなで試験を受けて入学を決めました。

西洋医学と東洋医学は違いがあるが、つながっている。

授業で特に印象に残っているのは、やはり東洋医学ですね。たとえば五臓六腑の「肝」は、西洋医学で言うところの血液の貯蔵庫としての働きだけではなく、東洋医学では、精神状態や目とも密接な関係がある、という話になります。東洋医学は、気持ちや生活習慣も含めて、体全体を見ていくんですね。これは西洋医学にはない考え方ですが、それでいて双方はどこかでつながっている。そういったお話がお客様に出来るのはとても大事なことで、日本医専で学んだことが役に立っています。

もっと鍼灸を極めていきたいです。

お客様に預けていただいた体をしっかり最後まで見る。それが私たちの仕事です。私のサロンももう9年目。おかげさまで多くのお客様にご利用いただけるようになりました。何より提供する品質を大事に、鍼灸というものが、もっと皆さんの生活に欠かせない存在になっていくよう、もっと鍼灸を極めていきたいですね。

PROFESSIONAL
日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)の会長として日々頑張っています。

私の一番のポリシーは、美容鍼をイメージアップしたい、と常に思っていることです。昨年、日本メディカル美容鍼協会(JMCAA)を立ち上げました。代表顧問にはドクターシーラボの開発者である城野先生を迎え、山野弘敏さんも協会顧問をしていただき、日々奮闘しています。美容鍼を他の美容医療と肩を並べる存在にし、多くの方に美容鍼の素晴らしさを知っていただくことが私の使命です。

▼
松井 薫さん

CASE4パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナー
国士舘大学 特別研究員
NESTA JAPAN 設立参画理事
松井 薫さん

体の中の筋肉や骨について、外からよく見て考える。
真のパーソナルトレーナーとして
感動を与えていきたい。

PROFILE
国士舘大学体育学部体育学科卒業後、南青山のスポーツクラブに就職。10年以上勤務したのち、パーソナルトレーニング専門のフィットネスジムを立ち上げる。現在は、パーソナルトレーナー、スポーツトレーナーとして活動するだけでなく、国士舘大学での非常勤講師、国士舘大学理工学研究所特別研究員、および全国の市町村や企業の主催による健康セミナー・講演会で講師として活動をしている。
自らのケガを機に独学でトレーニングを始めた。

私が体のことを勉強するようになったきっかけは、小学生の時に診断された、第五腰椎の分離症に他なりません。また、椎間板ヘルニアも併発してしまい、匍匐前進でないと歩けない状態まで悪化してしまいました。すがる思いでいろいろな病院に行きましたが、「骨を削らなきゃダメだ」という先生や「手術は免れるが今後もう激しいスポーツはダメ」という先生ばかり。けれども私としては「手術はしたくないが運動は継続したい」。そこで独学でトレーニングの基礎を習得し、痛みを軽減するトレーニング法を見いだしたりしました。この経験と知識を将来活かすことができないか。自分と同様にケガで悩む人を少しでも減らせないか。そんな想いからトレーナーになろうと思いました。

自分の専門性が任天堂の目にとまる。

体育大学を卒業後、パーソナルトレーナーとしての活動を始めました。自分が研究していた重心動揺計(体のバランス測定)を取り入れ、HPでもそのメソッドを公開していたんです。それがたまたま任天堂の方の目に留まり、ある日、任天堂の京都本社に呼ばれて、Wii Fitのトレーニングメニューの監修をすることになりました。自分の信念とは、いつか通じるものですね。

40歳で日本医専に入学しました。

その後、さらにトレーナーとして勉強したい、感動を与えたい。その信念のもと、柔道整復師を取得するため、40歳で日本医専に入学しました。日本医専を選んだのは、水泳日本代表に帯同していた黄海先生がいらっしゃり、将来的に自分を拡げてくれると思ったからです。日本医専の授業は、とにかく実技が多かった印象です。今でもよく使うキネシオロジーテーピングや、ホワイトテープも、とにかくたくさん巻きました。おかげさまで無事に国家資格を取得でき、クライアントには今まで以上に説得力のあるサポートができるようになりました。

国家資格という裏付けは大きいです。

人を見る時、一番考えるのは、体の外から筋肉や骨の状態をしっかり想像すること。生身の体は、一人ひとり違う体であるということ。学んだ知識と経験、国家資格という裏付けをもって、人々に感動してもらえるよう、さらに頑張っていきたいと思います。

PROFESSIONAL
Wii Fitの監修や出版など
メディアも通じて感動を伝えたい。

私が学んできた重心誘導やバイオフィードバックの考え方はWii Fitの監修へとつながりました。おかげさまで今ではテレビ出演や出版などメディアを通して活動する機会も増え、トレーニングの素晴らしさや感動を広めています。

▼
渡邉 真吾さん

CASE5スポーツトレーナー

日本医専トレーナーズチーム(NITT) A級ライセンストレーナー
渡邉 真吾さん

スポーツトレーナーは一瞬一瞬が勝負。
時には「NO」と言える勇気も必要。

PROFILE
大学卒業後、大手百貨店に就職。身体を壊したことがきっかけとなり柔道整復師へのキャリアチェンジを図り、本校の柔道整復学科に入学。現在は接骨院で働きながら、日本医専トレーナーズチーム(NITT)の主要メンバーとしてBリーグ・鹿児島レブナイズをはじめ、多くのスポーツ現場でトレーナー活動中。
百貨店勤務から柔道整復師への転職を決意。

私は大学卒業後、百貨店で働いていました。その時に腰を痛めてしまい、上司の勧めで接骨院に通ったところ症状が改善したんです。その接骨院の先生に感謝するとともに、こういった形で人の役に立てる「柔道整復師」という仕事に興味を持ち、転職を決意しました。日本医専への入学の決め手は、学校の雰囲気が明るかったことと、教職員の対応が親切でとても感じが良かったことです。オープンキャンパスの印象がとても良かったのを今でも覚えています。

日本医専の授業はどれも印象的です。

日本医専での授業はすべて印象に残っています。一番興味を持ったのは「柔道整復学」で、軟部損傷は得意科目でしたが、卒業後にもっと突き詰めたいと考えていました。日本医専は卒業後のフォローもありますからその点でも良いですよね。実技の授業では特に木下先生の「固定法」が大変勉強になりました。

日本医専にはNITTがある。これは大きなやりがい。

ちょうどスポーツトレーナーとして積極的に活動する必要性を感じていた時、NITT(日本医専トレーナーズチーム)の募集案内を見て「これだ!」と思わず飛びつきましたね。NITTの講習では、RICE処置やテーピング等、基本的な内容を徹底して反復練習します。なぜなら、一連の動きを身体に覚え込ませないと、スポーツ現場では実践できないからです。トレーナーの一番の役割は「ケガをさせない」こと。ケガした後のリカバリーはもちろん重要なのですが、一番はやはりケガを防ぐことだと思います。その選手に何が必要かをしっかり見極めてケアを行う。時には選手の要望に「No」と言うことも必要です。スポーツ現場は一瞬一瞬が勝負。そこが醍醐味でもあり難しいところですね。プロチームに帯同できるNITTでは大きなやりがいを感じながら日々活動しています。

PROFESSIONAL
選手にもよく頼まれるテーピングには自信があります。

テーピングには自信があります。選手から巻いて欲しいと要望されることも多いんですよ。選手の関節の形状に合わせてテーピングを施すことにより、フィット感があがり違和感が少なくなります。また、動かす関節と固定する関節のメリハリを付けたり、テンションの掛け方も選手一人ひとりに合わせて変えています。

▼
藤原 良次さん

CASE6W資格取得者

株式会社アールエフ 代表取締役
全日本スキー連盟 ナショナルチームトレーナー
藤原 良次さん

柔道整復師×鍼灸師として、医療現場でもスポーツ現場でも
活躍の幅はどんどん拡がります。

PROFILE
大学卒業後、独学で競技スキーやスピードスケートのスポーツトレーナーとなる。本校の鍼灸学科を卒業後、「きりん鍼灸整骨院」を開業。鍼灸師としても働きながらスポーツトレーナー活動を続ける。更なるスキルアップのため柔道整復学科に入学しW資格を取得。現在は、全日本スキー連盟のトレーナーとして、国内外で活動している。
トレーナーにも国家資格が必要。

僕はもともとスピードスケートと競技スキーのトレーナーをしていました。そこで今の師匠でもある、高村コーチと知り合ったことが、資格取得を目指したきっかけとなりました。師匠から「これからはトレーナーも医療資格を持ったほうが良い」とアドバイスを受け、柔道整復師と鍼灸師の資格を取得することにしたんです。

日本医専はとにかく現場志向。本物の技術を学べます。

師匠の勧めもありますが、伝統鍼灸からスポーツ鍼灸など様々な鍼の技術を学べて、授業内容のバリエーションが多いことも日本医専を選んだ理由です。日本医専は、とにかく授業の内容が良かったですね。解剖医の先生の授業は特に興味深くて面白かったですし、電気パルスの授業も貴重でした。鍼灸は、附属の鍼灸院で模擬的な実技をどんどんやらせてくれ、それがとても有り難かったです。日本医専はとにかく現場志向で、まさに「技術の日本医専」。本物の技術を学べる場所です。生徒一人ひとりに、しっかりした技術や、治療家としてのビジョンを持たせることを大事にしてくれます。W資格に向けてのサポートも手厚いので、みんなにW資格を勧めたいですね。仕事でもとても活きますよ。

医療人としてのすべてをここで学びました。

「ケガを見る」ことは「人を見る」こと、とも言います。相手を見極め、一瞬一瞬で手を抜かない。治療家として、着地点を見据えてしっかりケアする。それがすごく大切です。特にアスリートの場合は、選手が次の試合に向かえるメンタルを整えてあげることも重要です。トレーナーが意識を変えてあげることも重要で、「藤原さんがいるから次に向かえる」と言ってもらえた時は嬉しいですね。W資格はもちろんですが、医療人としてのすべてを日本医専で学んだと言っても過言ではないと思います。

PROFESSIONAL
独立開業して鍼灸整骨院も経営しています。

私はスポーツトレーナーとして活動しながら、独立開業して「きりん鍼灸整骨院」の院長もつとめています。柔道整復師・鍼灸師それぞれの強みを活かして、地域密着型の整骨院として日々、患者様と向き合っています。W資格があれば、可能性はどんどん拡がりますし、患者様にあらゆるサポートができるのが医療人としての私の喜びであり、誇りです。