鍼灸師について

鍼灸師になるには

鍼灸師は「鍼」と「灸」を使い、病気の改善や予防、健康回復を行う医療技術職です。

鍼と灸の治療を一緒に扱っている治療院が多いため、そこで働く人を鍼灸師と呼んでいますが、実は鍼灸師という資格はありません。正しくは「はり師」「きゅう師」という2つの国家資格に分かれています。ただし、ほとんどの方がはり師・きゅう師の国家試験を同時に取得するため、一般的には鍼灸師と呼ばれることが多いようです。

鍼灸師になるには

鍼灸師専門学校もしくは大学へ進学

鍼灸師になるには、はり師・きゅう師、双方の国家試験に合格する必要があります。

国家試験を受験するには、どちらの資格も鍼灸師養成施設となっている専門学校や大学などを卒業しなければなりません。
鍼灸師として活動していくために必要な知識と技能を3年間以上(大学の場合4年間)学び、国家試験に備えましょう。

学校で学ぶ内容

鍼灸師養成施設では、東洋医学の基礎となる東洋医学概論、西洋医学の基礎である解剖学や生理学などの基礎科目や、鍼灸師になるうえで欠かすことのできない、はり理論、きゅう理論、経絡経穴などを学びます。

それらを学んだうえで、実際に鍼に触れ、技術を身に付けていきます。

国家試験を受験

専門学校、または大学を卒業して、国家試験を受験する資格を得た後は、年に1回実施され、毎年3月上旬頃に行われる、はり師・きゅう師国家試験を受験します。

試験は専門学校、または大学で学んだ、はり理論、きゅう理論、そして共通科目(西洋医学・東洋医学に関する理論)です。
ほとんどの方がはり師・きゅう師の試験を同時に受験します。

はり師・きゅう師の免許を取得

国家試験に合格し、免許を申請するとはり師・きゅう師の免許証が公布されます。

双方の免許を取得すると、いよいよ鍼灸師として活動することができます。

その就職先は鍼灸院はもちろん、美容鍼灸のサロンや介護施設、スポーツの分野など多岐にわたります。また独立開業権があるため、開業をする方もいます。

高校卒業
日本医専などの
鍼灸系専門学校
鍼灸学科がある4年制大学または3年短大
一般短大・一般専門学校・一般大学・社会人
日本医専などの
鍼灸系専門学校
鍼灸学科がある
大学
はり師またはきゅう師の国家試験合格
はり師またはきゅう師の資格取得

美容鍼灸サロン・エステサロン・女性向け鍼灸院・スポーツ施設・介護福祉施設への就職または独立開業

鍼灸学科
人気のオープンキャンパス

×閉じる

資料請求はこちら
資料請求はこちら