鍼灸師について

東洋医学とは

東洋医学は2000年以上前に中国で発症した医学です。

その後、日本や韓国など東アジアでも発展し、その地域の人々の生活習慣や考え方に基づいて治療法が確立され、人々から今もなお支持されている伝統医学です

東洋医学とは

1、東洋医学とは

「東洋医学」という言葉はよく耳にするけれど、実際にはどのようなもので、どのような治療をするのでしょうか。
東洋医学には、「中国伝統医学(中医学)」、「漢医学」、「漢方医学」などがあります。日本においては、『鍼灸』・『手技』・『漢方』の3つがおもな治療法です。

1、『鍼灸』
人間の体にある経穴(けいけつ)=ツボに対して、鍼やお灸を用いて刺激を与えることで、からだの巡り(循環機能)を改善させて、身体のバランスを整える治療法です。
国家資格である鍼灸師が治療をおこないます。

2、『手技』
人間の体にある経絡(けいらく)と呼ばれるツボとツボを結ぶ流れに対して、手で刺激を与えて、身体のバランスを整える治療法です。
国家資格であるあん摩マッサージ師が治療をおこないます。また、同じく国家資格である柔道整復師も手技療法はおこなうことができます。

3、『漢方』
自然に存在する植物や動物などを適正に処理して生薬(しょうやく)として利用します。複数の生薬を組み合わせて投与することで、身体のバランスを整えます。
漢方薬は、中医医師だけでなく、西洋医学の医師も処方することが増えてきています。

2、東洋医学における「未病」とは

このように、東洋医学では人間の身体が本来から持つ自然治癒力を活かして身体のバランスを整えるとともに、予防医療としても注目されています。
それが「未病(みびょう)」です。
東洋医学では、病気になる一歩手前の状態のことを「未病」と呼びます。
未病の状態を改善することによって、病気を予防するということを古来より重視してきました。
未病の状態は、医学的な所見で異常が認められなくても、「なんとなく調子が悪い」や「なんとなく具合いが悪い」などの自覚症状があることです。
疲れやすい、身体が重たい、冷えが気になる、食欲がない、肩がこりやすい、心が落ち着かない、風邪をひきそう…。
このような自覚症状は、病気になる一歩手前の未病の状態と言えます。
未病の状態を改善すれば、日々の不調から解放されるだけでなく、生活習慣病の予防など将来的に起きる病気のリスクを減らすことにも繋がります。

東洋医学は、乳幼児から高齢者、男女問わずどのような人でも治療が可能で、有効な病気も幅広くあります。また、副作用が少ないというのも東洋医学の魅力のひとつです。

3、東洋医学の基本的な考え方

私たちが病院や治療院などで受けている治療には、東洋医学と西洋医学という2つの考え方があります。西洋医学では病気の原因に着目し、その原因を除去することで病気を治すというアプローチ方法をとりますが、東洋医学では、病気は体全体のバランスが崩れで症状が生まれ、そのバランスを自然治癒力によって戻すことができれば病気は治るという考え方をしています。

東洋医学の基本的な考え方では、「気・血・水」のバランスが保たれている状態が健康状態であり、気・血・水のバランスの崩れ方によって治療法が定められています。
鍼灸の治療では、2000以上のツボをその症状に応じて使い分けるのです。

①「気」:身体のエネルギーのこと。元気や気力の「気」という意味もある
②「血」:血液のこと。血液が循環して全身に栄養を運び、潤いを与える。
③「水」:体内の水分のこと。消化や排泄に影響のほか、臓器をスムーズに働かせる潤滑油の作用もある。

このうち、「気・血」が体内を巡るための通り道のことを「経絡(けいらく)」と呼びます。
「経路」はツボの集合体であり、鍼治療の重要なポイントでもあります。
経絡が滞らないように、経絡の各所にある「経穴(けいけつ)」=ツボに鍼や灸を施術することで、「気・血」の流れをスムーズにします。

このように、東洋医学と西洋医学とは違いがありますが、病気の根本的な原因を除去するという目的はどちらも共通してため、医療の分野では使い分けをしていくことがベストと言えるでしょう。

4、拡がる東洋医学の可能性

これまで東洋医学の考え方と治療方法、効果が期待できる病気についてご紹介してきました。最近では健康志向の高まりにより、東洋医学への関心がますます高まっています。従来の治療だけではなく、美容やスポーツなど、医療の枠を超えた様々な分野への拡がりを見せている東洋医学は、アジアだけでなく世界的に注目を集めているといえるでしょう。

×閉じる

来校型/オンライン型 オープンキャンパスに参加しよう!
来校型/オンライン型 オープンキャンパスに参加しよう!