日本医学柔整鍼灸専門学校

鍼灸学科

鍼灸師になるには・
資格

はり師・きゅう師は国家資格です

はり師・きゅう師は国家資格

はり師・きゅう師は国家資格を有する東洋医学の専門家。

鍼やお灸を用いて全身に存在する経穴(けいけつ)と呼ばれるツボを刺激することで、カラダの内側からその人の自然治癒力を高めていきます。
患者さんの顔色、匂い、話し方、舌の色や形、脈の形や速さ、お腹の張り具合など、コミュニケーションを取りながら診断の材料にします。

患者さんの状態の把握ができたら、鍼の太さや細さ、鍼をする深さや、方向、モグサの種類やお灸の回数、使うツボを決めていきます。
ただ漠然と鍼灸施術を行うのではなく、「期限を設定し、ここまで症状を改善させる。」という目標を定め、患者さんと共有します。

鍼灸師は国家資格を持つ治療家なのです。

はり師・きゅう師を目指すあなたへ!

資料請求はこちら

鍼灸の効果

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次のものを挙げています。

運動器系疾患 肩こり、五十肩、腰痛、頸椎症、変形性膝関節症、腱鞘炎、テニス肘など
消化器・呼吸器系疾患 便秘、下痢、痔疾、慢性胃炎、食欲不振、気管支喘息、鼻炎、感冒、扁桃炎など
疼痛性疾患 頭痛、坐骨神経痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛など
循環器系疾患 低血圧症に伴う諸症状、冷え性、本態性高血圧症など
泌尿器&産婦人科系疾患 月経異常、更年期障害、逆子、不妊、インポテンス、失禁症など
感覚器系疾患 仮性近視、眼性疲労、メニエール病、耳なり、難聴など
小児疾患 夜尿症、小児神経症、消化不良など
その他 不眠症、肥満、自律神経失調症、片麻痺、顔面神経麻痺、アレルギー疾患など

女性のための医療

はり師・きゅう師は国家資格を有する東洋医学の専門家。

女性は男性と異なり、明確なライフサイクル(小児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期)があり、それぞれの特徴に応じたケアが必要です。また女性はいつまでも美しく健康でいたいという願いも強いので、特別なケアが求められています。

東洋医学に基づいた医療は、自然治癒力の賦活を原理とした伝統医療です。 また、はり師・きゅう師は国家資格ですので、患者からの信頼も厚く、深い信頼関係を長期に渡り保つことのできる心身にやさしい医療であり、女性の生涯にわたるQOLの向上を図ります。

心身の内なる健康は、外見の美しさにとって不可欠です。

広がる活躍の場

こんな現場ではり師・きゅう師の資格が活躍しています。

  • 美容鍼灸
    エステサロン
  • スポーツトレーナー
    フィットネス・スポーツ施設
  • 鍼灸院
    鍼灸接骨院・治療院
  • 介護・福祉施設・医療施設
  • 教育研究
    学術研究
  • 独立開業

はり師・きゅう師になるためには

高校・大学を卒業した方は、はり師・きゅう師養成課程 のある専門学校などで受験資格を取得し、国家試験を受験します。 国家試験に合格することで、はり師・きゅう師の資格を取得できます。

専門学校を選ぶ際には、将来どんなはり師・きゅう師になりたいかを考え、自分に合った学びが得られる学校を選ぶようにしましょう。

日本医学柔整鍼灸専門学校では、美容鍼灸・スポーツ鍼灸・婦人鍼灸・高齢者鍼灸が学べるカリキュラムがあり、幅広く活躍できるはり師・きゅう師を目指せます。ゼミ活動も活発で、学びたい分野について掘り下げていくことができます。

当校について知りたい方、まずは無料の資料請求から >>

国家試験について
はり師・きゅう師の国家試験は、年に1回実施され、毎年2月下旬に筆記試験が行われます。 試験科目はり師ときゅう師で分かれていますが同時に受ける場合は、共通科目の試験は免除されます。この試験を合格すると晴れてはり師・きゅう師の資格取得です!
高校卒業
日本医専などの
鍼灸系専門学校
鍼灸学科がある4年制大学または3年短大
一般短大・一般専門学校・一般大学・社会人
日本医専などの
鍼灸系専門学校
鍼灸学科がある
大学
はり師またはきゅう師の国家試験合格
はり師またはきゅう師の資格取得

美容鍼灸サロン・エステサロン・女性向け鍼灸院・スポーツ施設・介護福祉施設への就職または独立開業