総合演習 -「月曜断食」著者・関口賢先生- | 鍼灸学科

こんにちは。日本医学柔整鍼灸専門学校・広報担当です。

今回は、先日おこなわれた鍼灸学科【総合演習】の授業レポートをお届けいたします。

 

今回の講師を担当されたのは関口鍼灸治療院の総院長をつとめる関口賢先生

そして、いまや日本だけでなく海外でも話題となっている『月曜断食』の著者としても有名な先生です。

▼関口鍼灸治療院 公式ホームページ▼
http://www.healtheworld-sekiguchi.com/

▼月曜断食  – 文藝春秋BOOKS▼

※画像クリックでページにジャンプします

 

関口先生の授業はとにかく斬新!

まずはじめに関口先生の授業ルールの説明がありましたが、
「携帯電話は必ずONに」
「動画・写真は強制的に撮影すること」
「授業中関係なくSNS等で情報発信」
といったように、多くの一般的な講義とは真逆のルール。

というのも、関口先生自身が「情報を発信すること」を重要視していらっしゃるため、スマホ歓迎!写真&動画歓迎!ツイッター歓迎!というスタンスをとっておられるとのことです!

 

授業内容も、とにかくわかりやすい!

様々な数字(鍼灸受診率、はり師・きゅう師の人数、鍼灸施術所数・・・など)の数字を用いて、鍼灸マーケットの現状について解説していただいたり、開業にあたって考えるべき7つのポイントについても丁寧に説明していただきました。

<開業にあたって考えるべき7ポイント>
① 治療院名
② 場所
③ コンセプト
④ 施術方針
⑤ 院内設備
⑥ ターゲット
⑦ 集客

【授業を聴いた学生の声】

・将来は地元に戻っての活動することを考えていたので、事前のリサーチと地域の人脈づくり、自分が本当にやりたいことは何なのかを突き詰めて考えることは大切だと感じました。今持っている情熱や鍼灸を学ぼうと思ったきっかけなどを忘れないよう、燃やし続けることが大切だと感じました。

・本日で3人目の講師の先生でしたが、考え方や方向性も人それぞれだなと改めて感じました。どの先生も、鍼灸受診率はまだまだ低いのでこれから上がっていき、マーケットは拡大していくとおっしゃっていましたが、その状況でもやはり何か自分の強みに特化することが成功への道なんだと思いました。

・今日はすごい良い話が聞けました。開業について具体的に考えることが大事だと再認識するきっかけとなる時間でした。また、国家試験合格のための勉強ではなく、常に臨床を見据えた勉強をしなければ将来に繋がらないと教えていただき、そのような勉強をしなければと強く思いました。関口先生のように自分もやりがいを感じる仕事をしたいです!

 

学生のみなさんも怖がらずに積極的な情報発信、してみませんか?

関口先生、お忙しい中ご講演いただき、本当にありがとうございました!

 

▼関口先生のSNSはこちらです▼


日本医学柔整鍼灸専門学校では、平日は毎日授業見学を受付中!

<時間が選べる!>授業見学&個別相談会

「クラスの雰囲気を知りたい」
「実際の授業を見てみたい」

という方には特におすすめです。(授業見学後の個別相談も承っております)

≫ 授業見学のご予約はこちらから

カテゴリー: その他 パーマリンク