【フロリダトレーナー研修2019】第2話:アイスホッケーの試合を見学!

こんにちは!柔道整復学科専任教員の大隅です。

フロリダトレーナー研修ブログ第2話。研修1日目を振り返ります!

ESPN Wide World of Sports Complex

ESPNは、あの有名なウォルト・ディズニー・カンパニーが保有する巨大なスポーツ施設です。
広大な敷地内には、多数のスポーツ施設が設置されています。

今回は、施設関係者のマイケルさんが施設の案内をしてくれました。
見学の途中、AT(アスレティックトレーナー)のボブさんからアスレティックトレーナーに関するお話を聞くことができました。
学生が積極的に質問をする姿が印象的でした。

Raymond James Stadium

Raymond James Stadiumは、NFLタンパベイ・バッカニアーズのホームスタジアム(アメリカンフットボールスタジアム)です。

今回は、現在は使用されていないバッカニアーズの元ホームロッカーも見学できました。
さすがに現ホームロッカーは選手の私物がある関係上、見学はできなかったのが残念です。

バッカニアーズとは「海賊」と言う意味で、スタジアム内にはなんと「巨大な海賊船」が設置してありました。
バッカニアーズが得点を決めると、海賊船の大砲が鳴り響き、スタジアム全体が盛り上がるらしいです。

タンパベイ・ライトニングの試合観戦(アイスホッケー)

タンパベイ・ライトニングは、ナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のプロアイスホッケーチームです。
今シーズン第1位を独走中のタンパベイ・ライトニング。今日の試合は、ロサンゼルス・キングスとの試合。
個人的にはアイスホッケーの試合を見たことがなかったので非常に貴重な体験でした。さすがにアイスホッケーのスタジアムなので、スタジアム内の気温は低め。
しかし、その寒さを吹き飛ばすようなファンの熱気は凄かったです。スポーツに対するアメリカ人の盛り上げ方は日本とは違いますね。

2つの施設見学では、ガイドの方が非常に丁寧に説明して下さったこともあり、学生達も満喫できたようです。

学生の皆が口を揃えて言うことは、「さすがアメリカ!日本と違うね!」

まさにこの研修の目的でもある、「日本とアメリカの違い」を身をもって感じてもらえたと思います。
これは、行った人にしか味わえない感覚ですね。

明日からは研修のメインプログラム。楽しみ半面、緊張半面です。

 


バックナンバーはこちら★

【フロリダトレーナー研修2019】~イントロダクション~
【フロリダトレーナー研修2019】第1話:日本~オーランドへ

カテゴリー: フロリダトレーナー研修 パーマリンク