【体験レポート】敬心接骨院にて最新の電気療法を体験!

突然ですが、皆さんは「接骨院」についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

骨折や捻挫などの怪我をしたときに行くところ?
街中でよく目にはするけれども、一体どんな治療がされているの…?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

接骨院では骨折、打撲、捻挫等をはじめとする外傷に対して、先生自らの手を用いた手技療法も行いますが、症状に合わせた「電気療法」も併せて行います。

一口に「電気療法」と言ってもその施術に用いる機器の種類は実に様々。
では、どんな機器があり、それぞれの機器にはどんな効果があるのでしょうか?

今回は、当校に併設する「敬心接骨院」にお邪魔し、鈴木先生から医療機器を紹介してもらいました!
敬心接骨院は、業界内でも最先端の医療機器を用い、患者様の症状に合わせたオーダーメイドの施術をおこなっているそうなので期待大です!

こちらが鈴木先生。接骨院に入ると笑顔で出迎えてくれます!


―電気療法体験スタート!!―

〇立体動態波

最初に体験させていただいたのがこの立体動態波。
青と黒のアタッチメントがついていますが、それぞれに異なる周波数の電気が流れるようになっており、表層から深層まで立体的に干渉ポイントを移動させることができるそうです。

電気が流れると、青と黒のアタッチメントが交互に「ピリピリ」とする感じです。
痛さは全くなく、交互の刺激によってまるで揉まれているような感覚でした。

〇Hi-Volt

次に体験したのがこのHi-Volt。
最初の立体動態波はピリピリと電気の流れを感じる程度の強さをセットしましたが、こちらのHi-Voltは少し強めにかけた方が良いということなので、「我慢できるちょっと手前」の強さにセットしてもらいました。
強めの電気が「ピリピリピリピリ…」とずっと流れており、深達度の高い電流刺激を流すことが可能とのことです。

〇EMS

スポーツジムなどで耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、EMSとは、身体に電気をあてることで皮膚下の筋肉を刺激し、強制的に筋肉を鍛える効果があるそうです。
痛さも辛さも全くなく、電気を流した感覚としてはHi-Voltに似ていました。

〇マイクロ波

こちらは脚の内腿部分に照射してもらいました。
なんと電子レンジと同じ構造であるということで、時間が経つにつれて照射部分がじんわりと温まってきます。
一度に広範囲を温めることが可能で、熱くなりすぎることもなく、非常に心地よい温かさを感じました。

〇超音波療法

器具にジェルを塗布し、患部に当てていきます。
残念ながら写真では分かりませんが、実際に器具の上にジェルを乗せると、ジェルがプルプルと震えているんです!

なんと1秒ごとに100万~300万回も振動しており、高速度のミクロマッサージにより深部に直接刺激をことが可能だということです。

最初は何も感じませんが、同じ部分にずっと留めていたり、時間が経つにつれて、器具の当たっている部位が深い部分からじわじわと温まってきているのを感じてとても心地良かったです。

〇ラジオ波

私は痩身エステの宣伝でこの「ラジオ波」というものを目にしたことがありましたが、接骨院でも使用されていると知ってビックリしました!
このラジオ波の面白いところは、機器を直接患部に当てても温かさを感じますが、写真のように、先生の手に器具を当て、その手を患部に当てても熱が伝わるところなんです!

先生の手がじわじわと温かくなるのを感じ、またラジオ波と手技のパワーを同時に味わうことができ、とても効果が期待できそうだなぁと感じました!

〇超音波画像器

「エコー」という方が耳なじみがあるでしょうか。
妊婦の方の検診などで使用されるイメージが強いですが、接骨院でも患部の損傷具合を観察するために用いるのですね。
画像で白く濃く映っているところが骨で、筋線維、靭帯、腱などの軟部組織もリアルタイムで観察し、症状を見極めることが可能です。

以上の電気療法機器を実際に体験しました!
まずは本当に種類が多いことにビックリ!!
そして、似ているように見えますが、使う用途も、働きかける部位も、当てた感覚も、効果も異なります。

これだけの種類の最先端の機器と、熟練された鈴木先生の手技を受けることができる敬心接骨院はまさに、様々な症状に合わせた幅広い施術を行うことが可能な、大変魅力的な接骨院だなぁと心から実感しました!

過去にスポーツで外傷を負った際に「自然に治るだろう」と思い放置をし、今でも損傷部に痛みが残る私は、今回の体験を通して「あの時しっかりと接骨院に通っていれば良かった…」と痛感しました。
健康であることに越したことはありませんが、皆さんも万が一何かしらの施術が必要になった際には、是非一度、敬心接骨院に足を運んでみてください!!

敬心接骨院・敬心鍼灸院へは≫≫こちら

カテゴリー: その他 パーマリンク