【授業レポート】包帯実技練習

みなさんこんにちは。
日本医学柔整鍼灸専門学校、専任講師の鴨田です。

今回は毎週木曜日の放課後に行われている『包帯実技練習』の活動の様子をブログに載せていきたいと思います!

担当していただいているのは非常勤講師の遠畑篤史先生!

この日は手の指の骨折に対する固定の練習をしました。

骨折の場合、骨がずれないようにしっかりと固定をしなくてはならないので、硬い固定材料を用いて包帯を巻いていきます。

巻き終えた後は遠畑先生に確認してもらう流れになっています。

良かったところ、改善すべきところを的確に丁寧に教えていただけるので、学生にとってとても勉強になっているんですよ。

最後はみんなでしっかりと包帯を巻いて終わります。

先生と学生との関係だけではなく、学生同士の交流も深めながら楽しく学べるところが包帯練習会の魅力的な部分ですね!
温かい雰囲気の中、活動しているので興味のある方はぜひ見学してもらえたらと思います!


日本医学柔整鍼灸専門学校で、柔道整復師を目指しませんか?
まずは毎週末のオープンキャンパスで、体験授業に参加してみましょう!

>>まずは資料請求してみる

カテゴリー: 授業見学 パーマリンク