柔道整復学科・木下先生が日本代表選手選考会に帯同!

みなさんこんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校、広報担当です。

本校柔道整復学科、専任教員の木下美聡先生が、10/27(土)・28(日)に行われた第14回世界水泳選手権の日本代表選手選考会に帯同されました。
木下先生からレポートを頂きましたので、掲載いたします!


こんにちは、柔道整復学科所属の木下美聡です。
平成30年10月27日、28日の2日間、東京辰巳国際水泳場にて、第14回世界水泳選手権の日本代表選手選考会が行われました。
世界水泳選手権は二年に一度実施され、短水路(25mプール)での世界NO.1を決める大会です。

私は、日本大学水泳部のトレーナーとして帯同し、11名の選手を担当しました。
(プラス付属校の選手も1名見ましたので、正確には12名でした)

今大会では、自己ベストタイムを出した選手も数名いましたが、
一番の成果は2名の日本代表選手を輩出できたことでしょうか。

(日本代表に選出された選手)
関 海哉選手
安江 貴哉選手(OB)

他にも日本大学関係者としては、長谷川涼香選手、高橋幸大選手(OB)、
寺村美穂選手(OG)の3名も日本代表選手となり、合計5人の日本代表選手が誕生しました。
日本代表選手に選出された選手の方々、本当におめでとうございます。
世界水泳選手権での活躍を、お祈り致しております。

尚、第14回世界水泳選手権は、平成30年12月11日~16日の6日間、中国・杭州市で行われます。
リオデジャネイロオリンピック400m個人メドレー・銅メダリストの瀬戸大也選手や、
世界水泳選手権大会200m平泳ぎ・銅メダリストの小関也朱篤選手なども参加致します。
ご興味のある方は、応援宜しくお願い致します。

柔道整復学科
木下美聡

カテゴリー: トレーナー活動 パーマリンク