【レポート】柔道整復学科・木下先生が「ピアニスト・ギタリストの身体つくり講座」で講師をされました!

みなさんこんにちは。
日本医学柔整鍼灸専門学校、広報担当です。

4/22(日)に本校柔道整復学科、専任教員の木下美聡先生が宮地楽器 MUSIC JOY 渋谷にて「ピアニスト・ギタリストのための身体つくり講座」で講師を務められました。
木下先生からレポートを頂きましたので掲載いたします!

 


柔道整復学科専任教員の木下美聡です。
平成30年4月22日(日)、宮地楽器 MUSIC JOY 渋谷 Aスタジオにて、「ピアニスト・ギタリストのための身体つくり講座」の講師を務めさせて頂きました。

ピアニストのための講座、ギタリストのための講座の全2回の設定で実施致しました。
今回も当校卒業生である奥田先生、近藤先生、宮崎先生もサポートに来てくださいました。
いつもながら、ありがとうございます。

昨年も担当させて頂き感じたことに、普段日常診療で関わっているスポーツ選手と共通する身体トラブルを抱えておられることです。そして、その克服にはかなり苦慮されている点は、共通していると思いました。
ピアニスト、ギタリストの方々もスポーツ選手並みに身体を酷使されて演奏されているのですね。
この辺りにピアニスト、ギタリストの方々にも身体的ケアーの必要性を感じさせられます。

今回のテーマは、ピアニスト、ギタリストに多い疾患である「腱鞘炎」「手根幹症候群」「腰痛」などの疾患を取り上げ、その症状を改善するパーソナルトレーニングをご紹介致しました。
これらの疾患は、ひどくなると手術にまでに及ぶため、症状を悪化させないことが大切です。そのために、普段からのセルフケアーが必要になる訳です。

この日の東京都心部は、最高気温28.3度まで上がり、今年一番の暑さになった模様です。
その中、参加者の皆さんは熱心に身体を動かして頂き、汗を拭きふき、お水を飲みながら頑張って頂きました。
ご参加頂きました方々には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

最後に参加者の皆さんと集合写真を撮って終了となりました。


前列左から、宮﨑先生、近藤先生です。
(奥田先生は午前部だけのサポートであったため、写真には入っておられません)

※次回は、5月下旬開催のジャパンオープン2018での帯同報告をさせて頂きます。
宜しかったら、そちらもご覧ください。

柔道整復学科
木下美聡


 

カテゴリー: トレーナー活動 パーマリンク