【トレーナーレポート】柔道整復学科・木下先生が日本選手権水泳競技大会に帯同しました!

みなさんこんにちは!
日本医学柔整鍼灸専門学校、広報担当です。
本日は、第94回 日本選手権水泳競技大会に帯同された、本校柔道整復学科専任教員の木下美聡先生のレポートを掲載いたします。
みなさん是非ご覧ください♪


柔道整復学科所属の木下美聡です。

平成30年4月3日(火)~8日(日)まで、東京辰巳国際水泳場にて行われた、第94回日本選手権水泳競技大会にてトレーナー活動を行いました。(日本大学水泳部のサポートです)

今大会中のサポートには、奥田先生、近藤先生、宮崎先生(全て日本医専の卒業生です。)も来てくださいました。


(写真左から宮崎先生、木下先生)

今大会は、6個の日本新記録を叩き出した、池江璃花子さんに注目が集まる大会となりました。
目の前で彼女の泳ぎを見ていると本当に強い選手だなと感心させられます。
東京オリンピックでの彼女の活躍が本当に楽しみになってきましたね。

今大会で私がケアーさせて頂いた主な選手の決勝進出者は
安江選手(OB 新東工業) 50mバタフライ 第2位、100mバタフライ 第5位
吉田(惇)選手(大学2年生) 1500m自由型 第4位、800m自由型 第7位
吉田(啓)選手(日大豊山高校3年生) 400m自由型 第3位、200m自由型 第5位
その他も多くの選手が、ケアーブースに来て頂きました。
本当にありがとうございました。


(選手をケアーしているところです)

今大会は、第18回 アジア大会代表選手選考会 兼、 第13回 パンパシフィック大会代表選手選考会に当たっており、5月に実施される「ジャパンオープン2018(50m)」と合わせて日本代表選手が決定致します。
今回、良い成績を残したもののあともう一歩という選手は、是非ジャパンオープン2018でひと踏ん張りして頂いて、日本代表選手になって頂きたいと思います。

まずは選手の方々、日本選手権お疲れ様でした。
一息ついてから、またジャパンオープン2018に向けて頑張っていきましょう。

柔道整復学科専任教員
木下美聡

カテゴリー: トレーナー活動 パーマリンク